転職を成功させるために行動することとは?

転職

今回はいろいろ転職してきた僕の経験を元に、転職を天職にするための方法を紹介します。

転職にする際の準備

まず、転職にする際に準備しておくことは3つあります。

  • 計画(一番重要)
  • リサーチ(調査)
  • 行動力(やる気)

ひとつ目の計画は、言われるまでもないと思いますが、計画があるとないのでは天と地ほどの差があります。

ふたつ目のリサーチは、業界調査です。自分のやりたい業種、職種の調査です。後ほど詳しくお話します。

みっつ目の行動力(やる気)、これもそのままです。やる気さえあれば、なんでもできます。ほんとに!

計画の立て方

ここが、1番重要です。成功例と失敗例を体験談を交えてお話します。

まずは、失敗例からです。

この失敗例は、大学時代が多かったです。それは飛ぶことです。飛ぶ=何も考えていないということです。社会人で飛ぶ人はあまり見ませんがこのやめ方が1番良くないですね。正直に言うと、僕は3回くらい飛んだことあります。一回は呼び戻されましたが…笑

計画を立てないうちに辞めてしまうのは、転職するまでの時間が必要以上に伸びてしまうので、どうしても飛びたくなったら、計画的な飛び方をしましょう。

次に、成功例です。

成功例は、辞める1ヶ月前に報告をして正式な手続きをしてから辞めることが前提条件です。報告をすることで自分の気持ちにも踏ん切りがつき、転職するための良い出だしになります。

報告をしたら、まず自分のやりたい業種を調べ始めます。ここで、焦って決めてもまた辞めてしまうの繰り返しです。業種を決めるのは1ヶ月くらいかけてでも全然大丈夫です!

僕は業種を決めるのに3ヶ月くらいかかりました。当時は特にやりたいこともなかったので…笑

特にやりたいこともなく業種で悩んでいる方は、大学で勉強していたことや、子どもの頃の夢とか思い出すと見つかりやすいです。

僕の場合は、リッチマン・プアウーマンという小栗旬さん主演のドラマがきっかけでIT業界に入りました。

業種を1ヶ月で絞って、1週間のリサーチ、3週間の行動!これで前職をやめてから1ヶ月後に転職!というのが理想的な計画です。

期間を決めることで、目標となり、集中力が増します。ただ焦るのは良くないので、どうしても決まらない場合は期間を伸ばしましょう。

リサーチ(調査)の仕方

次にどうやってリサーチをするのかを説明します。

まず、リサーチ(調査)を始めるタイミングは、やりたい業種を3つくらいに絞った時です。

リサーチする際に使うツールは、本かアプリです。

本の場合→四季報

会社四季報 2020年 1集・新春号 [雑誌]

価格:2,300円
(2020/1/14 21:46時点)
感想(6件)

アプリの場合→エン転職

本の場合は、お金がかかるので節約したい方はアプリにしましょう。実際に僕はアプリで業種のリサーチをしました。四季報は買っていませんが、大学の時に研究室にあったので見てみると、かなり良さげでしたので余裕がある方は買ってみるのも良いと思います。

ここでは、実際に僕が使ったエン転職のアプリを詳しく紹介します。

エン転職のアプリをダウンロードして会員登録をします。その際に、自分が希望する業種、職務経歴、資格などを詳しく入力します。

登録が終わればあとは待つだけです。

そうすると、スカウトメールが届きます。このスカウトメールは企業の募集条件と合致している人に届きます。IT系は求人が多く、スポーツ系は少ないイメージです。

このスカウトメールには応募特典が付いているのでオススメです。

例えば

  • 面接交通費負担
  • いきなり社長面接
  • 1時面接免除

などの特典があるので、通常応募より採用される確率が高くなります。

ただ絶対に採用されるわけではないので、面接前には話すことをまとめておいた方が良いです。ここも、ノープランはNGです。

行動

最後は、行動です。よくよく考えてみればこれが1番重要ですね。笑

気になるところは迷わず応募しましょう。応募するだけでもいいです。それが1歩目の行動になります。

僕は10個くらい応募して5つ面接に行って4つ落ちました!笑

やっぱり人間なので落ちたときはへこみます。特に1番行きたかったところに落ちた時は絶望でした。

でも、ここで立ち止まってたら給料なんか1円も出ません。

なので、行動してください。

万が一、その会社が嫌だったら辞めれば良いんです。僕は過去に3社連続で半年で辞めています。でも必ずあなたを欲しがっている企業はあります。諦めずに行動しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました