bat(バッチ)ファイルとは?リモデ接続.batの作り方と使い方を解説【初心者向け】

Computer

bat(バッチ)ファイルとは?

bat(バッチ)ファイルとは、wikiで調べるとこう出ます。

バッチファイルとは、MS-DOS、OS/2、Windowsでのコマンドプロンプトに実行させたい命令列をテキストファイルに記述したもの。バッチファイルを実行すると、シェルプログラムがそのファイルを読み、その中のコマンドを一行ずつ実行する。バッチファイルはUNIX系オペレーティングシステムのシェルスクリプトに相当する。

ウィキペディア引用

簡単に説明すると、今まで何か作業をする際、手動でやっていたことをbat(バッチ)ファイルに命令として記載すれば次からは自動でやってあげるよというもの。

例えば、リモートデスクトップ接続をする際、手動だとIPアドレスを入力してユーザー名とパスワードを入れますよね?

でも、bat(バッチ)ファイルを使えば自動でリモートデスクトップ接続してくれます。

つまりbat(バッチ)ファイルとは、作業効率を大幅に上げるための道具と言えます。

bat(バッチ)ファイルの特徴
  • 拡張子が.bat
  • テキストエディタで簡単に編集できる
  • 作業効率が大幅アップする

初心者であれば、これだけ覚えていれば十分です。

あとは実際に使ってみて勉強しましょう。

bat(バッチ)ファイルはこうやって作る

次は実際にbat(バッチ)ファイルを作成してみます。

リモートデスクトップ接続のbat(バッチ)ファイルを作ります。

①適当にフォルダを作る

②右クリックで『新規作成』→『テキストドキュメント』を選択する

③右クリックで『名前の変更』を選択する

④『.txt』から『.bat』にリネーム(名前変更)する

⑤『新しいテキスト.bat』を開き以下の文字列をコピーして貼り付ける

赤文字の部分のみ編集してお使いください。

緑文字は消してください。

@echo off
Set SERVER=XXX.XXX.XXX.XXX    ⬅︎接続したいPCのIPアドレスを入力
Set USERNAME=UserName      ⬅︎ユーザー名を入力
Set PASSWORD=Password      ⬅︎パスワードを入力

Cmdkey /generic:TERMSRV/%SERVER% /user:%USERNAME% /pass:%PASSWORD%
Start mstsc /v:%SERVER%
Timeout 1
Cmdkey /delete:TERMSRV/%SERVER%

bat(バッチ)ファイルの使い方

bat(バッチ)ファイルの使い方は簡単です。

上で作ったbat(バッチ)ファイルを実行するのであれば、『新しいテキスト.bat』をダブルクリックするか右クリックで『管理者として実行』を押下すればbat(バッチ)ファイルが実行され自動的に作業をしてくれます。

bat(バッチ)ファイルで仕事効率化

bat(バッチ)ファイルは今まで手動設定していたものを自動で実行してくれるのでとても便利です。

ですので、bat(バッチ)ファイルはいくつあっても無駄にはなりません。

上で紹介したリモートデスクトップ接続のbat(バッチ)ファイル以外にも効率化できるものはたくさんあります。

①ソフトウェアのサイレントインストール

例えば、Adobe Reader DCなどのソフトウェアをインストールするときって面倒ですよね?

しかも大量にインストールしないといけない場合など。個人だとあまりないと思うのですが会社ではよくあります。『10台のPCにこのソフト入れといて』みたいな・・・

そんな時にbat(バッチ)ファイルがあればめちゃめちゃ楽ですよね?

②環境変数の設定

これも上記同様に1つだけなら手動でもいいかもしれませんが複数になると面倒ですよね。

そんな時にbat(バッチ)ファイルがあれば効率化できます。

こんな感じでbat(バッチ)ファイルには無限の可能性があります。

bat(バッチ)ファイルに詳しくなれば、あなたは会社でヒーローになれます。

僕なら『ドラえもん』ってあだ名をつけますね・・・

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

よければ他のコンピュータ系の記事も読んでみてください。

Twitterもやっているのでよかったらフォローもお願いしますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました