ドットプロ(.Pro)の評価

プログラミングスクール

ドットプロについて知りたい。

Pythonを勉強したくて、プログラミングスクールを探しています。

このような方へ向けた記事になっています。

※ドットプロは東京の渋谷にしかないため、都心にお住みでない方は別のプログラミングスクールを探してみてください。当ブログでは他のプログラミングスクールの評価もしています。

ドットプロ(.Pro)とは?

ドットプロ(.Pro)とは株式会社D-ingが運営するプログラミングスクールです。

.Proの公式ホームページはこちらです

現在、株式会社D-ingは従業員数7名で少数で運営しているようです。

事業内容は、プログラミングスクール運営とWEB制作です。

HPによるとWEB制作には、ドットプロの卒業生も参加しているみたいです。

ドットプロ(.Pro)では何を学べるの?

ドットプロには2つのコースがあり、入校時に選択する必要があります。

  • フロントエンドコース
  • Pythonコース

フロントエンドコースは、WEB系のフリーランスを目指している方にオススメのコースです。

ただ、WEB業界への転職を目指している方にはオススメできません

理由としては、WEB系の求人が少なすぎることです。

現在、WEBサイトは簡単に作れてしまう時代です。わざわざ高いお金を出して企業にWEBサイトを作ってもらう時代は終わりました。もちろんWEB制作をしている企業はたくさんありますが、実際に求人を出している企業はごくわずかです。

ですので、フロントエンドコースはフリーランスを目指している方のみにオススメのコースです。

フリーランスであれば、クラウドワークスなどのクラウドソーシングサービスに案件はありますのでまだまだ戦うことができます。

Pythonコースは、名前の通り今人気のプログラミング言語Pythonの習得を目指すコースです。

Pythonは「YouTube」の開発にも使われています。

人工知能や機械学習を用いたサービスを開発したい方にオススメのコースです。

ドットプロでは、以上の2つのコースのみとなっています。

ドットプロ(.Pro)の料金

ドットプロの料金はフロントエンドコースもPythonコースも同じ料金です。

6ヶ月(24回)で¥498,000(税別)

これは、他のプログラミングスクールと比べて少し高く感じます。

特にフロントエンドコースではかなり高く感じます。

Pythonコースは妥当といえば妥当な料金設定ですが、まずは無料個別相談をしてみるべきです。

ドットプロ(.Pro)へのアクセス

ドットプロは東京の渋谷校のみです。

オンライン学習はやっていません。

東京都渋谷区渋谷2-12-13 八千代ビル8F

(渋谷駅から徒歩9分)

渋谷にしかないので都心に住んでいない方は、別のプログラミングスクールを検討してください。

ドットプロ(.Pro)の参加条件

ドットプロには以下のような参加条件があります。とは言っても簡単なものです。

  • ノートPCを持っている方(Windows,Macどちらでも可)
  • 学習時間を確保し意欲的に参加できる方
  • 講義後も意欲的に学習を進められる方
  • 渋谷に通える方
  • 毎週土曜日12時〜16時半の時間を確保できる方(30分休憩あり)

1番目のノートPCは自分のものを持っている必要がありますので、持っていない方は準備しておきましょう。ドットプロではMacを推奨しています。

んなPCを買ったら良いかもよっている方や、自分の持っているPCが古くてスペック的に大丈夫か不安な方は、ドットプロの公式ホームページでお問い合わせしてみてください。

高いお金を出すのであれば2番目と3番目は問題ないと思います。

ただ初心者の方が注意することは、お金を出したからPythonが習得できるわけではありません。簡単でもありません。コンピュータや言語の知識だけではなく数学の知識もPython習得には欠かせません。

この注意点も踏まえて入校の検討をしてください。

ドットプロ(.Pro)の入校までの流れ

ドットプロの入校のまでの流れを説明します。

  • ①無料相談会に参加
  • ②エントリーシート提出
  • ③入校の手続き

①無料相談会に参加

まずはここからです。相談会では実際の講義の進め方や、PCのスペックは大丈夫かなど気になっていること全て質問してください。

②エントリーシート提出

なぜエントリーシート?と疑問を持つと思いますが、ドットプロでは少人数制の講義です。場所も一つだけです。講義の質を高めるために最大10人という枠を設けています。

そのため、エントリーシートの提出が必要になります。

エントリーシートには、プログラミングの知識は選考基準にないので、自身のやる気をアピールしてみましょう。また、プログラミングは挫折してしまう方が多いので、過去に何か継続して頑張ったものなどもアピールしましょう。

③入校手続き

これはそのままの意味です。審査が通れば入校が確定します。

まとめ

ドットプロの評価をしてきましたが、世の中にはプログラミングスクールはたくさんあります。今後も増えます。その中で自分にあったプログラミングスクールを見つけてください。

ドットプロにしかない良さがあります。

ドットプロの魅力は、完全な少人数制の講義です。

ただし、東京に住んでいないと通うのが厳しいという点もあります。

また、ネットの情報だけでは伝えきれない情報もあります。

その上で、少しでも気になったプログラミングスクールは無料の相談会に参加してみてください。

※下のバナーから相談会の申し込みができます。Pythonコースも同じです。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました