高卒で大学進学はやめた方が良い

転職

高卒で大学進学はやめた方が良い理由

高校を卒業したタイミングで大学へ進学することはお勧めしません。

その理由をこれから説明します。

※あくまで個人の意見です。

【理由①】自分の意志がない

今の時代は、高校を卒業したタイミングで大学に進学するという進路は、主流になり始めています。

この流れこそ僕がの大学進学をお勧めできない理由の1つです。

みんなそうだからという流れは人をダメにします。

では、何が人をダメにするかというと、流れに身を任せるという行為は、自分で考えなくなるということです。

ただ、この高校を卒業したタイミングで自分で考える力がないのは当たり前です。

なぜかというと、今までそうだったからです。

小学校も中学校も義務教育で、自分の意志で費用面や将来性を考えて入学した人はほぼいないと思います。少なくとも僕の周りにはいませんでした。

逆にここでしっかりとした将来像が見えている人は、この記事を読むのをやめて進学するべきです。

この記事を見てくれている方は、そうではないと思います。僕もそうでした。

Jonny
Jonny

僕が考えたのはやりたい部活動がその学校にあるのかな?

僕が考えたのは、このくらいです。

何が言いたいかというと、自分で考える力がないうちは大学に行ってもお金と時間を無駄にしてしまうということです。

【理由②】費用対効果が低い

次の理由は費用対効果が低いことです。

費用対効果とは、自分がかけた費用に対し、満足できる成果(効果)が得られるかという指標です。

当たり前ですが、大学に行くには費用がかかります。

学費だけで年間100万円以上。

入学金30万円。

これをざっくり計算すると、4年間で最低でも430万円がかかります。

さらに、他県へ進学するとなれば家賃も生活費もかかるので500~600万円の費用が予想されます。

既に大学へ通われている方や卒業した方は分ると思いますが、これだけの費用をかけてまで大学へ進学するのはやめた方がいいと思います。

もちろん、大学でちゃんと勉強して優秀な成績を収めて自分の希望する会社へ入学する人もいます。

ただ、そういう人はごく一部です。

Jonny
Jonny

めちゃくちゃ勉強するぞ~

という気持ちで最初は進学しましたが、結局落ちこぼれました。

周りには、留年する人や退学する人もいました。

僕みたいに大学を卒業できたけど何も身についていない人や留年・退学する人は、多くが高卒のタイミングでは自分で考える力がなく、流れに身を任せて進学してきた人です。

しかも大学の教授は、高校の先生みたいに自分の将来のことまで考えて怒ってくれたりしません。

このような現実で費用対効果が見込めるとは1ミリも感じません。

大学進学しないことで生まれるメリット・デメリット

次に、大学進学しないことで生まれるメリットとデメリットについて説明します。

メリット

結論から言うと大学進学しないメリットは、自分で考える力が自然に身に付き、やりたいことを自由にできるようになることです。

大学進学しないということは、必然的に社会に出るということです。

バイトや就職などが待っています。

自分で考える力がないのにどこに就職すればいいの?と思うかもしれませんが、そこは自分の興味があることや経験してみたいことなど、どこでもいいです。

例えば、居酒屋のバイトや就職して事務職などなんでもいいです。

なぜかというと、バイトや就職にはお金がかかりません。

つまり、失敗(退職)したとしてもリスクが少ないのです。

「何事も経験」という言葉はほんとにその通りです。

僕は居酒屋のバイトでお金をもらうという意味を知りました。

こういった経験を積むことで自然と自分で考える力は身に付きます

自分で考える力が身に付けば、自分のやりたいことを自由にできるようになります。

つまり、選択肢が増えるということです。

選択肢が増えるということは、自分の本当にやりたいことを見つけられます。

自分の本当にやりたいことなんて、高校を卒業したタイミングで見つかるわけがありません。

自分で考える力がついて、そのあとやっぱり大学に行きたいなと思えば大学に行くべきです。

そうすれば、自分の目的を見失わずに取り組むことができます。

デメリット

大学に進学しないということは、就職をすることになるので、当然自分の時間が減ります。

例えば、FXをやりたい場合は大学をさぼってデイトレードしていても誰にも怒られません。でも、会社をそんな理由でさぼるとクビです。

これがデメリットです。

ただ、大学をさぼってたら大学に行った意味もないですよね?

もう一つのデメリットは友人です。

大学には様々な人がいます。大学で一生の友人に出会える人も少なからずいます。

僕が大学に行って良かったと思う理由はここだけです。

就職するとなると、どうしても似ている人が多かったり、一歩置いた距離感でのコミュニケーションになります。

まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございます。

大学進学は人生のターニングポイントになると思いますの、両親や信頼できる友人、先輩などに相談してゆっくり決めてください。

この記事が全てではないので、色んな人の意見に耳を傾けてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました