話題の芸人からし蓮根とは?

トレンド

からし蓮根のプロフィール

からし蓮根はよしもと興行所属の2人組コンビです。

伊織(いおり)

    生年月日:1993年9月12日
    出身:熊本県
    血液型:A型

杉本青空(すぎもと そら)

    生年月日:1994年2月2日
    出身:熊本県
    血液型:O型

からし蓮根が有名になったきっかけ

からし蓮根が有名になったきっかけは間違いなくM-1グランプリでしょう。

お笑いの登竜門とも呼ばれるM-1グランプリに出場して、優勝とはいきませんでしたが、これをきっかけに多くの視聴者をファンにしたのは間違いないでしょう。

Jonny
Jonny

僕もM-1見てファンになりました!

どこでネタ見るの?

2019/12/29現在、からし蓮根の公式YouTubeはありません。

ただ、YouTubeで「からし蓮根」と検索するとネタは見れます。

今YouTubeにアップされているネタ数は5本程度ですが、M-1グランプリを機にテレビ出演などが増え、YouTubeで見られるネタも増えてくると思います。

他にからし蓮根のネタを見る方法は、ライブに行くしかありません。

からし蓮根の活動拠点は、大阪なのでよしもと漫才劇場(大阪)などでよくライブをやっています。

ライブ情報はよしもと公式HPから見れます。

今はまだ大阪での活動ですが、東京進出してくる日も近いでしょう。

からし蓮根の受賞歴

からし蓮根のコンビ結成日は2013年4月です。

からし蓮根の公式プロフィールはこちらです。

第37回今宮戎マンザイ新人コンクール新人漫才福笑大賞

第8回「ytv漫才新人賞決定戦」優勝

からし蓮根の魅力

からし蓮根の魅力と言えば、たくさんありますが1つは見た目(印象)でしょう。

ツッコミの杉本さんはイケメン!ボケの伊織さんは高身長(187cm)!

Jonny
Jonny

ツッコミの人イケメンだ!ボケの人でかっ!!

僕が最初に見た印象はこれでした。

実際にネタを見ると、「~ぞ」などの熊本弁が使われている。これも魅力の1つです。

千鳥なども独特の表現や、方言を使っていますが、この熊本弁にハマった人は多いと思います。

でも、1番の魅力はネタですよね!

久しぶりにおなかを抱えて笑いました。

ネタをまだ見ていない方はYouTubeで見てください。ハマると思います。

東京進出は?

からし蓮根は現在、ラジオ関西で毎週金曜22:00~23:00の時間でラジオをやっています。

M-1決勝進出後のラジオで東京進出の話が出ました。

そのなかで、杉本さんは今すぐにでも東京進出したい考えでしたが、相方の伊織さんは関西で満足のいく結果を出してから東京進出したいという考えでした。

まだ意見が食い違っている状態なので東京進出にはしばらくかかりそうです。

ただ、結果を出したら東京進出するということは確定のようで、からし蓮根の実力であれば東京進出は近いかもしれません。

コメント

  1. Jane より:

    Thank you for the auspicious writeup. It in fact was a amusement account it.
    Look advanced to far added agreeable from you!
    However, how could we communicate? I like what you guys are
    up too. This kind of clever work and reporting!
    Keep up the good works guys I’ve included you guys
    to our blogroll. It is appropriate time to make some
    plans for the longer term and it’s time to be happy. I’ve
    learn this put up and if I could I want to recommend you some interesting
    things or advice. Perhaps you can write next articles relating to this article.
    I wish to learn more things about it! http://foxnews.co.uk

    • Jonny Jonny より:

      Thanks for reading my article. But I don’t speak English so I use Google Translate. I understand that you are giving me advice. I will try to write better articles in the future.

タイトルとURLをコピーしました